︎
                          






♪フルート情報満載!CMSのチャンネル登録&いいね !をお願いします♪

 ︎︎ ︎ ︎


レッスンのお申し込み / お問い合わせ

Can-On
Music School

Miya's Lesson Column へようこそ

このページでは、Q&A、お勧めの音源、
曲の解説など、日々のフルートライフに役立つ情報を毎月更新していきます。

こんな事聞いてみたい!という事がありましたら、是非チームカノンまでご連絡ください。


レッスンコラム

Vol.39 2017年お世話になりました!

即興ワークショップ、アンサンブルミーティング、フルートパーティと、
カノンミュージックスクールの3本柱のイベントが定着してきました。
2017年はスクールにとって実りの多い一年だったと思います。
新しい生徒さんが仲間に加わり、
続けてきてくださっている方にもそれぞれ変化があったりして、
私も相変わらず良い刺激を受けています。

自分の活動のメインは、良い音楽を世の中に届けたいということ。
そのためには第一線で活躍しなければならないと思っています。
ありがたいことにライブでの共演者は超一流の方とクリエイトできているので、
第一段階はクリアと思っていて、
あとはこれをどれだけ深めて揺るぎないものにできるかが私のチャレンジです。

この流れの中でレッスンを継続して行うことに迷いはなくて、
ライブで得た素晴らしい体験を生徒の皆様にできる限り全てお伝えしたいです。
その素材をどう生かすかは一人ひとりの目標によって変わってきます。

一人ひとりのカラーを大切に育てていきたいと思っていて、
パーティで皆が揃うとはっきりとわかるのですが、
スタイルがそれぞれ全然違うというのが私の自慢です。

(対応できる伴奏者を見つけるのが大変ですが、必然的にレベルの高い方にお願いすることになります。それはそれでチャレンジグな喜びがあります)

人間が違うのだから音色や音楽の方向性が違っていて当然です。
向き合って一緒に音楽について考えることができることは喜びです。
その過程で、趣味の世界では楽器の上手い/下手というのは
関係ないということもつくづく感じさせられます。

もちろん技術を向上して欲しいと思ってレッスンに取り組んでいますが、
その方が歩んできた人生のかけがえのない瞬間が音楽の中で現れてくるので、
教えている方はまったく油断できないのです。

この方の技術はこのくらいだろうな、と思っていたことが、
違う角度から見てみると大きく間違っていた、というような、
嬉しい誤解を何度も経験しました。

できる限り思い込みは作らず、全ての可能性にアプローチできるようなレッスンをこれからも目指してまいります。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。


Vol.38 第2回目の即興ワークショップを終えて。

いよいよ今年も残す所あと2ヶ月。
Can On Music Schoolでは一年の中で目標を決めて、
ペース配分しながらレッスンを進めておりますが、
着実に皆さんの上達を感じられる事、とても嬉しいです。
月に1~2回定期的にいらしてくださる事がやはり大切で、
まさに継続は力なりです。

年に3つのイベント

・即興ワークショップ
・アンサンブルミーティング
・フルートパーティ

を開催しています。
本来は年に1回ずつの予定なのですが、
UKを代表する即興ヴィオラ奏者のBenedict Taylor氏の来日を記念して、
友人特権でゲストとして来ていただき、
先月、特別に第二回目を開催しました。
こうしてフットワーク軽く来てくれるというのが、
即興表現者(インプロヴァイザー)の面白いところです。
それに、技術の有無を問わないというのも即興の一つの大きな特徴。
上手ければ上手いほどアンサンブル能力も上がってくるので、
初心者の方ほど、上手で経験豊富なインプロヴァイザーとの共演のチャンスがあったら、
絶対にやってみる事をお勧めしています。
即興は技術だけでなく、発想や着眼点がモノを言う世界。
そしてベネディクトのような素晴らしい方と共演すると特にそう思うのですが、
アンサンブルを大切にするので、
今、自分がいる空間を音を通して体感し、
共演者とも一体感を感じる豊かな時間を過ごす事ができます。

私のレッスンを受けに来てくださる方は、
ジャズを学びたいという方が100%なので、
即興と言われるとちょっと難しいとか、抵抗を感じるかもしれません。
レッスン内ではジャズにフォーカスするとして、
音楽的視野を広げる意味でこのようなワークショップに参加していただけると、
「こうしなければいけない」と、
無意識の内に自分に植え付けてしまった思い込みから解放されて、
もっと楽に、自由に音楽に取り組んでいただけると思います。

また来年以降も計画してまいりますので、
是非皆様オープンな気持ちでご参加いただけたら嬉しいです。

さて、今月はいよいよ待ちにまったフルートパーティです。
こちら打って変わって年に一度、各自やりたい事をやりたい放題やる会です。
選曲も出揃って、今年もバラエティ豊かなラインナップになりました。
また嬉しい事にカノンのもう一つの拠点、福島県南相馬市からもお客様をお迎えします。
楽しみに準備を進めてまいります!

vol.37 年に一度のFlute Party

いよいよ来月は年に一度のフルートパーティ。
おかげさまで今年で4年目。
皆様と楽しくこの会を続けてこられた事、
そして毎回ゲストでご参加くださる超一流のミュージシャンの皆様に心から感謝です。
技術の段階は関係なく音楽の喜びを共有する事を目的にしています。
伴奏を超一流の方にお願いするのは私にとってもチャレンジでありますが、
それだけ普段から質の良いレッスンを、
ご提供できるようにするためのモチベーションに繋がります。
生徒の皆様と音楽の喜びを共有する事、
そして、フルートを通して音楽とより深く繋がるお手伝いをする事は私の喜びです。
毎年パーティに参加してくださっている方は、
それぞれ本番に向けてペース配分が上手になってきています。嬉しい限りです。

はじめて参加する方はきっと緊張すると思います。
特に経験が浅かったり、自分の技術に自信がない場合はストレスさえ感じるかもしれません。
私のチャレンジはその不安を緩和する事です。
このパーティは上手い下手は本当に関係なくて、
ただただ音楽の喜びを味わえば良い会です。
万が一音が出なくなってしまったら、
伴奏をしてくださる今回の素晴らしいゲスト、
鬼怒無月さんの音色に耳を傾けていれば良いし、
曲として成立させるために、
難しい箇所があったらもちろん私も助っ人で入ります。

1番大切なのは喜びのイメージを持つ事。
どんな曲をどんな風に演奏して、
音楽の喜びを自分の身体と聴いている人の耳にとどけるか、
具体的なビジョンを思い描く事ができれば、
楽器の技術は後から勝手についてきます。
私達もそれを実現するために全力でサポートします。

年に一度のやりたい事をやりたい放題やる会です。
みんなで盛大に楽しみましょう!

vol.36 自分の音を自分で聞く事

自分の姿形を客観視する事は意外と難しいものですが、
自分の音を自分で聞く事も、
思ったほどできていないというがあるかもしれません。

どれだけ自分の音を自分で理解しているのか。
自分の音を自分で聞くという技術は、
自然に身につくものだけではなく、
ある程度の訓練も必要だと感じています。

自分の音に対する意識を変えるだけで、
驚くほど演奏が変わります。

自分の音色、そして、演奏しようとしている音楽をどれだけ信頼しているか。
自分の身体と自分が出した音の間には自分の心しかない。
他の人の耳に届く前にまず自分で自分の音を受け入れる事が大切なのではないか、
と最近思うようになりました。

これは発展途中の様々な段階で言える事ですが、
もしも自分の音色に自信がない、
どんな音楽をやろうとしているのかイメージがつかめないというのであれば、
まずはそのイメージを具体化する事をお勧めします。

どのような音色を出したいのか、
どのような音楽をやりたいのか、
大きな目標と小さなビジョンを持ってください。
大きな目標は漠然としたもので構いません。
小さなビジョンは実現可能なものです。
どのような段階でも必ずできるポイントがあります。
例えば早いフレーズが吹けないのであれば、必ずできるテンポまで落とす。
コードの仕組みに理解が追いつかないのであれば、
ルートとメロディの関係性から押さえていく。
思いどおりの音色が吹けないようであれば、
確実に出せる音から気持ちよく吹けるようにする。

できないからといって、そこだけを執拗にやるのではなく、
イメージを持つ事を大切にして、
できそうなポイントが見つかったらそこを少しずつ深めていく事。
小さなビジョンから押さえていけば、必ずブレイクスルーするところがあります。

Vol.35 即興ワークショップ開催します。

ロンドンよりヴィオラ奏者Benedict Taylorの来日を記念して、
即興ワークショップを開催します。
どなたさまも歓迎ですので興味のある方はカノンまでお問い合わせください。
今年の2月に初開催した即興WSがが好評+私自身手応えを感じたので、
Benedictの来日に合わせて企画しました。
ロンドンは私が即興の基礎学んだ場所。
Benedictはロンドンの即興シーンの中心人物の一人です。
即興の表現は音楽の技術の中でも最上位のテクニックであると同時に、
生きるための根源的な要素にも繋がっているように感じます。
即興とは何なのか、答えは一つではないし、一度で出す必要もないと思います。
まずは体感して頂いて、感覚を味わっていただいて、
じわじわ育ていくものかもしれません。

即興の理解はミルフィーユのようにいくつもの層があって、
どこを食べても美味しいように、
どの段階でもそれなりの楽しみ方があります。

ワークショップではみんなで感覚をシェアしたり、
場面によってはテクニックを体系立てて分析したり、
コンダクションもやろうとおもっています。

先日、レッスンでプログラマーでもある生徒さんが、
ジャズにおける