︎
                          






♪フルート情報満載!CMSのチャンネル登録&いいね !をお願いします♪

 ︎︎ ︎ ︎


レッスンのお申し込み / お問い合わせ

Can-On
Music School

Miya's Lesson Column へようこそ

このページでは、Q&A、お勧めの音源、
曲の解説など、日々のフルートライフに役立つ情報を毎月更新していきます。

こんな事聞いてみたい!という事がありましたら、是非チームカノンまでご連絡ください。


レッスンコラム

Vol.39 2017年お世話になりました!

即興ワークショップ、アンサンブルミーティング、フルートパーティと、
カノンミュージックスクールの3本柱のイベントが定着してきました。
2017年はスクールにとって実りの多い一年だったと思います。
新しい生徒さんが仲間に加わり、
続けてきてくださっている方にもそれぞれ変化があったりして、
私も相変わらず良い刺激を受けています。

自分の活動のメインは、良い音楽を世の中に届けたいということ。
そのためには第一線で活躍しなければならないと思っています。
ありがたいことにライブでの共演者は超一流の方とクリエイトできているので、
第一段階はクリアと思っていて、
あとはこれをどれだけ深めて揺るぎないものにできるかが私のチャレンジです。

この流れの中でレッスンを継続して行うことに迷いはなくて、
ライブで得た素晴らしい体験を生徒の皆様にできる限り全てお伝えしたいです。
その素材をどう生かすかは一人ひとりの目標によって変わってきます。

一人ひとりのカラーを大切に育てていきたいと思っていて、
パーティで皆が揃うとはっきりとわかるのですが、
スタイルがそれぞれ全然違うというのが私の自慢です。

(対応できる伴奏者を見つけるのが大変ですが、必然的にレベルの高い方にお願いすることになります。それはそれでチャレンジグな喜びがあります)

人間が違うのだから音色や音楽の方向性が違っていて当然です。
向き合って一緒に音楽について考えることができることは喜びです。
その過程で、趣味の世界では楽器の上手い/下手というのは
関係ないということもつくづく感じさせられます。

もちろん技術を向上して欲しいと思ってレッスンに取り組んでいますが、
その方が歩んできた人生のかけがえのない瞬間が音楽の中で現れてくるので、
教えている方はまったく油断できないのです。

この方の技術はこのくらいだろうな、と思っていたことが、
違う角度から見てみると大きく間違っていた、というような、
嬉しい誤解を何度も経験しました。

できる限り思い込みは作らず、全ての可能性にアプローチできるようなレッスンをこれからも目指してまいります。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。


Vol.38 第2回目の即興ワークショップを終えて。

いよいよ今年も残す所あと2ヶ月。
Can On Music Schoolでは一年の中で目標を決めて、
ペース配分しながらレッスンを進めておりますが、
着実に皆さんの上達を感じられる事、とても嬉しいです。
月に1~2回定期的にいらしてくださる事がやはり大切で、
まさに継続は力なりです。

年に3つのイベント

・即興ワークショップ
・アンサンブルミーティング
・フルートパーティ

を開催しています。
本来は年に1回ずつの予定なのですが、
UKを代表する即興ヴィオラ奏者のBenedict Taylor氏の来日を記念して、
友人特権でゲストとして来ていただき、
先月、特別に第二回目を開催しました。
こうしてフットワーク軽く来てくれるというのが、
即興表現者(インプロヴァイザー)の面白いところです。
それに、技術の有無を問わないというのも即興の一つの大きな特徴。
上手ければ上手いほどアンサンブル能力も上がってくるので、
初心者の方ほど、上手で経験豊富なインプロヴァイザーとの共演のチャンスがあったら、
絶対にやってみる事をお勧めしています。
即興は技術だけでなく、発想や着眼点がモノを言う世界。
そしてベネディクトのような素晴らしい方と共演すると特にそう思うのですが、
アンサンブルを大切にするので、
今、自分がい