︎
   
                       



ここ数日の出来事。嬉しいことが続きました。
一言に音楽といっても本当に幅の広い世界を指すことを再確認。
即興、ジャズ、古典邦楽、モジュラー(サウンドノイズ/テクノ)を数日で深く深く体験しました。
音楽の神様に感謝です。



doravideoこと一楽儀光さんの出演するライブに行ってきました!
いや~カッコ良かった!!
モジュラーシンセだけを使った豪華メンバーでのライブ。
光と音の幻想的な世界と、
今まさに身の周りで起きているリアルな世界が混在する、
それはそれは迫力かつ洗練されたパフォーマンスでした。
花火大会に行ったみたいな大興奮を味わいつつ、
本当に来月ご一緒するんだっ!と言う喜びと緊張を感じています。
つないでくださった灰野敬二さんに大感謝。
とても興味がある分野で、新しい出会いに心から感謝です。

2月15日(金) 秋葉原のグッドマンで、
灰野敬二さん 美川俊治さん doravideoさんとのセッション!
こんなに嬉しいことがあっていいのかな!?全力で楽しみます!
------



肉態表現者のトマツタカヒロさんのご紹介で、
素晴らしい琴奏者の竹澤悦子さんとの病院コンサートでした。
トマツさんの驚愕抱腹な飛び入りもありましたよ。

やっと自分の音楽が深まって、
和楽器と深く繋がるコラボレーションが事が出来るようになりました。
中途半端な事になりそうで、今までなんとなく避けてきたのですが、
やっと時が来たようです。本当に嬉しいです。

能管のお稽古に通って、日本の音楽の仕組みが少しずつ理解できている事、
福島県の神楽に取り組んでいる事。一つ一つの事が繋がってきています。

超一流の和楽器奏者の方は即興能力がとても高いです。
楽譜を使わない世界だからか、
根本的なところに即興的マインドがあるように感じます。
そして、その根本のところに繋がっていくのに、
今まで自分が取り組んできたジャズのクリエイティビティが多いに役に立ちます。

ジャズの本質は異文化との出会いとそこからの発展、洗練です。
この出会いが広がっていくことが楽しみで仕方ありません!

――――


4月14日に行われる、書家の白石雪妃さんとの直書観音。
とにかく即興の楽しさを伝えたい、
という気持ちからスタートしたプロジェクトです。

即興の魅力は境界や限界を超えていくこと。
これは私の活動のテーマでもあります。
表現を掘り下げていくと、
身体感覚からのアプローチになりますが、
それはもちろん、今自分がいる場所の環境が大きな影響を与えます。

このブログを読んでくださっている方は、
私と同じ日本で活動している方がほとんどだと思いますが、
日本人は本来、非常に豊かな音を聞き分ける耳を持っていて、
豊かたな音場を楽しんでいたのだろうと即興を深めるたびに思います。
日本人のサウンドアーティストが世界で評価されていることはその一つの証明です。
残念ながら、今の東京は音に対する尊敬を感じない空間がまだまだ多いですが...

話は逸れましたが、日本人が本能的に感じる音の響き(音霊/言霊)と、
音楽は切っても切れない関係です。

日本音楽大事典(平凡社)によると
――――――――――――――――――――
言語にこもる精霊、またその威力を信じ、
祈りや願望を歌に託して目的を果たそうとした日本古来の「言霊信仰」である。
それが最も端的に表れているのが聖なる詞で綴られている祝詞である。
祝詞は旋律的ではないが、荘重な音調とリズムを持っていて広義の神道音楽と言って良い。
――――――――――――――――――――
とのこと。

西洋の聖歌に匹敵するものが祝詞だとしたら、
今、一般的に「わかりやすいメロディー」として捉えているものは、
元をたどれば教会音楽がベースにありますから、
もしも明治時代に脱亜入欧せず、日本の音楽をそのまま発展させていたら、
祝詞をベースにした何か美しい旋律を皆で共有していたかもしれませんね。

即興ではそういうところにもアプローチできるところが面白いと感じています。

また、声明をはじめとする仏教音楽も大変興味ぶかいです。
今回は直書観音初、阿弥陀如来像が鎮座する蟠龍寺での開催。
新たな可能性の広がります。

本編では副住職による「なおす」をテーマにした小法話もございます。
とても贅沢なイベントになってきました。

いろいろ書きましたが 即興の何が一番楽しいかというと、
様々な音楽の歴史的背景を踏まえつつも、
ただただ自由だということ。
自由とは何か、それはまた壮大なテーマです。

尊敬する表現者、雪妃さんとのコラボ、全力で楽しみます!

---------------------------------------------------------
今月のおすすめCD、そしてレッスンコラムを更新しました。
CDは大好きな音楽家柳原陽一郎さんの最新作。寳玉義彦渾身のレビュー。
そしてレッスンコラムはCan On Music Schoolの新春ダブルキャンペーンです。
詳細はそれぞれ写真をクリック!


-----------------------------------------------
ライブレポートのページを更新しました。 遊苑宇さまのレポートです。
今回はヨーガ講師青木陽佳さんをゲストにお迎えし、念願のヨーガと即興のコラボレーション。
音を受け止める「場」そして「器」としての身体。
その身体をヨーガで整えてから、空気の振動を通して音を身体で味わっていただくこと。
私たちの目標は初めてということもあり、どう出るか不安もありましたが、
いらしてくださった方からのお言葉でしっかりとした手応えをつかむことができました。
言葉で説明することのできない世界だからこその表現活動、
受け止めてくださった方からの応えとしての言葉が本当にありがたいです。
こうしたエネルギーの循環ができることにただただ感謝です。



ライフワークとして続けている新月の即興シリーズの南無観。
おかげさまで36回目を迎えましたが、
陽佳さんのヨーガなしではもう考えられないぐらい、自分の中ではフィットしました。



ただただ生きるために音を出し続けるしかないですが、
身体の感覚を研ぎ澄ませるためのヨーガは本当に気持ちの良いものでした。

またこれからもこのコラボレーションをつなげて深めていきたいと思っています。

南無観内で上演したConnecting Placesの動画です。


今回は久しぶりの動画作品です♪過去の作品もこちらのページで見れます。

-----------------------------------------------

いよいよ南無観は明日開催!2019年最初の新月、フレッシュな音をお届けします。
是非19:10~の青木陽佳さんのからだほぐしのコーナーからご参加ください!


Connecting Placesは福島県南相馬市の烏崎海浜公園。
サーフィンの名所でもあるこの場所は、地元の人々だけでなく、様々な所から人が訪れます。
ハーレーツーリングで一休みする人、パラグライダーで飛び立つ人。
乗馬の練習にもよく使われる場所です。大地に根を下ろしながら、
開けた世界に向かうエネルギーがある場所で、
久しぶりに写真のスライドショーではなく、動画の作品を作りました。こちらもどうぞお楽しみに♪
詳細は画像をクリック!






新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつも応援して頂き、本当に幸せです。
音からつながる様々なご縁に感謝しつつ、
音楽の 豊かさをこれからも伝えて参ります。

2019年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように。

こちらのリンクが2019年のブログのリンクになります。
日々の活動の報告や、ちょっとした出来事などこちらでお知らせしてまいります。
是非ブックマークなどよろしくお願いします♪

2018年以前のブログはこちら→