︎
 ︎Prev                                                                                                                                              Next︎







                                                                                                                                              
                          
                          



Fukushima Minamisoma City Tateishi (Standing Stone)
2016

撮影が終わって、一旦現場を離れたのですが、
忘れものをして、再び戻ってくると、
ちょうど、ご年配のお二人が立ち寄っている所でした。
話を聞くと二人は兄妹で、子供の頃遠足でこの立石を見に来たとの事。
子供の頃あまりに巨大に感じたので、何十年ぶりに見に来たら、
思わず気がつかずに通り過ぎてしまったそう。
そうは言っても高さ12m、幅4.5mの巨石ですから、
子供と大人の見え方の違いに驚かされます。

立石の奥の斜面を100メートルほど登っていくと、
「大穴」という鍾乳洞があるそう。
ここは今は整備がされていないため、
研究者以外は立ち入り禁止になっていますが、
今日お話を伺った方によると、遠足の時、
先生が登山が好きで、着いてこれる奴は一緒に行こう!と言って、
子供達数人を引き連れて、大穴の入り口まで連れて行ってくれたとの事。

今だったらきっとそんな事したら先生が大目玉だよなぁ、と笑いながら仰っていました。
確かに危険な面もあるけれど、そういう体験を通して、
自然との関わり方や豊かな感性が見につくのでしょうね。
私も大穴へ行って見たい!という気持ちが昂りを抑えながらお話を伺いました。

(帰宅してからネットで調べたら、かなり難易度が高いコースだという事がわかりました。
これは私には無理だ!)

そして、大穴には仙人と呼ばれる人が住み着いていて、
かつて炭鉱などで使われていた「カンデラ」という、
携帯用の石油灯のあかりで暮らしていたらしい、
なんて言ういかにも本当っぽい伝説の話なども伺う事ができました。