︎
 ︎Prev                                                                                                                                              Next︎







                                                                                                                                              
                          
                          
 


Yokomama Harbor View Park (Minato-no-Mieru Oka Koen)
2016

今回のConnecting Placesの舞台は、横浜・港の見える丘公園周辺です。
手応えを感じる仕上がりになりました。港町ならではの異国情緒が魅力的なエリアですが、
江戸末期、外国人居留地であった事が歴史の重み感じさせます。
例えば、ロンドンやNYなどの大都市で日本人が多く住む地域が持つ独特の空気感。
全く日本と違う環境でも、日本人が多くいる事によって、
どことなく日本と同じ空気になる事。私たちが身体一つで動いているつもりでも、
細胞の塊であり、魂の器である肉体は、
生まれ育った環境やご先祖さまから引き継いだ文化も一緒に運んでいる事が感じられます。

国を超えての移住は希望や期待、そして不安や緊張感とともにあるものです。
国家同士の関係が曖昧な時期に、日本に滞在した外国人達が新しい文化に接した時の、
驚きや感嘆だけでなく、生麦事件など悲惨な出来事からくる、
怒りや憎しみ、自国の文化と比較した事から生まれる様々な感情は、
異国の地での緊張感で倍増されて、彼らが居留した土地に刻まれているように感じます。

変な例えと思われるかもしれませんが、
超一流の演奏家が毎日素晴らしい演奏を繰り広げる老舗のライブハウスのエネルギーに、
似ているように感じます。
音楽の表現は常に違う要素の衝突から生まれる緊張感で構成されています。
その技術が上がるほど、生と死に近い感覚につながります。
演奏者の命に直結する音が刻まれたライブハウスの壁は、
次に演奏する人のインスピレーションを掻き立てるものですが、
港の見える丘公園の旧外国人居留地に同じエネルギーを感じました。

今回の作品はどの場面も気に入っていますが、
音的に一番好きなのは最後の30秒ほどの場面。
霧笛橋の陸橋の下での録音です。反響が抜群で、ホールよりも良いぐらいでした。
いつかここでコンサートをやってみたいです!