︎
 ︎Prev                                                                                                                                              Next︎







                                                                                                                                              
                          
                          



Tokyo Mejiro Water Shrine
2015

目白は知る人ぞ知るフルートの聖地。日本で唯一のフルート専門店、
フルート専門誌を発行する出版社だけでなく、
フルートをメインで教える音楽スクールや、篠笛/尺八の専門店など、
数々のフルートに関連する施設が存在します。
目白駅周辺では、フルートケースを持った人を良くみかけます。
何かフルーティストを呼び寄せるパワーがあるのでしょうか。

数年前からご縁が出来て、
目白駅から歩いてすぐの古民家「ゆうど」さんを、
度々パフォーマンス会場として利用しています。
そのオーナーに興味深い話を伺いました。
「ゆうど」とは北陸や奄美、沖縄の古い言葉で「井戸」という意味で、
その名の通り、この古民家には地下水をくみ上げる水があります。
縄文時代には目白の辺りまで海が来ていた事、
目白の白は「水」を意味する事などを伺いました。
神田上水の水神神社の事を教えてくださったのも、ゆうどのオーナーです。
ここから神田川を通じて、日本橋、神田方面へ豊かな水が流れ、
江戸時代にはその恩恵に預かった人々の参拝も多かったとの事。

普段何気なく口にしている水ですが、どこをどのように流れているのか、
その流れは人がつくったものなのか、自然のものなのか、
地下水脈まで含めると、本当に知らない事が多い事に驚かされます。

今回はそんな事を考えながら、神田川沿いを歩いた物語です。